地獄についての神の啓示

 

■聖書の言葉

 

ヨハネ5:22~25

父はだれをもさばかない。さばきのことはすべて、子にゆだねられたからである。

それは、すべての人が父を敬うと同様に、子を敬うためである。子を敬わない者は、子をつかわされた父をも敬わない。 

 よくよくあなたがたに言っておく。わたしの言葉を聞いて、わたしをつかわされたかたを信じる者は、永遠の命を受け、またさばかれることがなく、死から命に移っているのである。 よくよくあなたがたに言っておく。死んだ人たちが、神の子の声を聞く時が来る。今すでにきている。そして聞く人は生きるであろう。 

 

ヨハネ4:14

イエスは女に答えて言われた、「この水を飲む者はだれでも、またかわくであろう。

しかし、わたしが与える水を飲む者は、いつまでも、かわくことがないばかりか、わたしが与える水は、その人のうちで泉となり、永遠の命に至る水が、わきあがるであろう」。

 

 

ヨハネ1:12~14

しかし、彼を受けいれた者、すなわち、その名を信じた人々には、彼は神の子となる力を与えたのである。 それらの人は、血すじによらず、肉の欲によらず、また、人の欲にもよらず、ただ神によって生れたのである。そして言は肉体となり、わたしたちのうちに宿った。わたしたちはその栄光を見た。それは父のひとり子としての栄光であって、めぐみとまこととに満ちていた。 

 

ヨハネ1:1~5

初めに言があった。言は神と共にあった。言は神であった。 この言は初めに神と共にあった。 すべてのものは、これによってできた。できたもののうち、一つとしてこれによらないものはなかった。 この言に命があった。そしてこの命は人の光であった。 光はやみの中に輝いている。そして、やみはこれに勝たなかった。

 

 

マタイ7:13~14 

狭い門からはいれ。滅びにいたる門は大きく、その道は広い。そして、そこからはいって行く者が多い。命にいたる門は狭く、その道は細い。そして、それを見いだす者が少ない。

 

マタイ7:7~8

求めよ、そうすれば、与えられるであろう。捜せ、そうすれば、見いだすであろう。門をたたけ、そうすれば、あけてもらえるであろう。すべて求める者は得、捜す者は見いだし、門をたたく者はあけてもらえるからである。

 

マタイ6:33~34

まず神の国と神の義とを求めなさい。そうすれば、これらのものは、すべて添えて与えられるであろう。だから、あすのことを思いわずらうな。あすのことは、あす自身が思いわずらうであろう。一日の苦労は、その日一日だけで十分である。

ヨハネによる福音書3:16~21

 

神はそのひとり子を賜わったほどに、この世を愛して下さった。

それは御子を信じる者がひとりも滅びないで、永遠の命を得るためである。  

神が御子を世につかわされたのは、世をさばくためではなく、御子によって、この世が救われるためである。  

 

彼を信じる者は、さばかれない。信じない者は、すでにさばかれている。神のひとり子の名を信じることをしないからである。

 

そのさばきというのは、光がこの世にきたのに、人々はそのおこないが悪いために、光よりもやみの方を愛したことである。 

 

悪を行っている者はみな光を憎む。

そして、そのおこないが明るみに出されるのを恐れて、光にこようとはしない。

 

しかし、真理を行っている者は光に来る。その人のおこないの、神にあってなされたということが、明らかにされるためである。

 

★口語訳新約聖書

 

 

Keystone Revival Missionの働き

 

・愛餐会の主催・企画

・賛美の奉仕

・宮清め

・ミッション・コーディネート

 

※ホームページ作成や礼拝のオンライン配信やメルマガ配信など。

その他、教会の奉仕何でもやります。

※愛餐会において聖餐式を行います。

それによりキリストのからだが癒され建て上げられていきます。

※宮清めとは住居のお掃除や霊的清めのことです。

聖霊の啓示により悪いものを排除し清めます。

地鎮祭と言うのがありますね。沖縄なら「ヤシチヌウガン」。そういう家に関する清めを聖書と聖霊の教えによって執り行います。

 

■今後の活動ビジョン

・癒しの賛美集会を行います。

・教会式イスラエルの祭事をします。

・24時間の祈りや連鎖祈祷の企画・実践

・賛美礼拝カフェを企画・実践します。

・複数の教会合同の愛餐会の企画・実践

 

■ブログ■

2011年

11月

01日

第2回目の愛餐会を行いました

去った、10月28日(金)癒しと啓示のミニストリーのあとに愛餐会を行いました。

2箇所目の教会になります。

 

ホールトマトのミートソーススパゲティ

イタリアン風寄せ鍋

沖縄風お好み焼きです。

 

パン裂きは時間の都合上出来ませんでしたが、素晴らしい交わりとなりました。

今月は、  11月 16日水曜日、 17日木曜日、 18日金曜日がミニストリーになりますので、愛餐会は金曜日の夜に行うと思います。

 

二つの教会がキリストのからだとして霊的につながりました。

これが「新しいひとりの人」になるためのミッションです。

 

2011年

10月

20日

主の愛餐会のミニストリー(奉仕)を始めました

去った、16日(日)の夕方からある教会で愛餐会を行うことが出来ました。

これが最初のミニストリーとなりました。

 

この教会は数年前から聖霊様によって示されていた教会でした。

10年前に1度しか会ったことのない牧師先生でしたが、一番の親友が通う教会の牧師先生でもあり、ラジオの収録を最初にOKしてくれた牧師先生でもありました。

 

僕の尊敬する霊の母を招いての愛餐会でしたがそれは素晴しいものでした。

 

メニューは、パンプキンカレーと、チキンクリームシチューです。

パン裂きをして食事の後にぶどう酒を分けて飲みました。

 

これで、私たちは霊的にキリストのからだの一部となります。

主イエスは十字架にかかる前にこの食事を切望していました。

なので、今回の愛餐会も喜んでいると思います。

素晴らしいイエス様に感謝して栄光をお返しします。

皆さんのお祈りにも感謝しています。

 

keystoneより

 

 





 

 

     Keystone Revival Missionのサイトへようこそ!



Keystoneのアンビリバボー体験談集
 
by keystone

 

      ■主の晩餐の偉大な力■ (和解と一致のミニストリー)

  
愛餐会を通して主のからだである教会が癒され主のからだが建てあげられて行きます。 
最後の晩餐  The Last Supper
最後の晩餐  The Last Supper

■ルカによる福音書22:14~20

時間になったので、イエスは食卓につかれ、使徒たちも共に席についた。

イエスは彼らに言われた、「わたしは苦しみを受ける前に、あなたがたとこの過越の食事をしようと、切に望んでいた。 

あなたがたに言って置くが、神の国で過越が成就する時までは、わたしは二度と、この過越の食事をすることはない」。

そして杯を取り、感謝して言われた、「これを取って、互に分けて飲め。

あなたがたに言っておくが、今からのち神の国が来るまでは、わたしはぶどうの実から造ったものを、いっさい飲まない」。

またパンを取り、感謝してこれをさき、弟子たちに与えて言われた、「これは、あなたがたのために与えるわたしのからだである。わたしを記念するため、このように行いなさい」。

食事ののち、杯も同じ様にして言われた、「この杯は、あなたがたのために流すわたしの血で立てられる新しい契約である。

 

Ⅰコリント11:23~32

わたしは、主から受けたことを、また、あなたがたに伝えたのである。すなわち、主イエスは、渡される夜、パンをとり、  感謝してこれをさき、そして言われた、「これはあなたがたのための、わたしのからだである。わたしを記念するため、このように行いなさい」。 

食事ののち、杯をも同じようにして言われた、「この杯は、わたしの血による新しい契約である。飲むたびに、わたしの記念として、このように行いなさい」。

だから、あなたがたは、このパンを食し、この杯を飲むごとに、それによって、主がこられる時に至るまで、主の死を告げ知らせるのである。

だから、ふさわしくないままでパンを食し主の杯を飲む者は、主のからだと血とを犯すのである。 だれでもまず自分を吟味し、それからパンを食べ杯を飲むべきである。

主のからだをわきまえないで飲み食いする者は、その飲み食いによって自分にさばきを招くからである。

あなたがたの中に、弱い者や病人が大ぜいおり、また眠った者も少なくないのは、そのためである。

しかし、自分をよくわきまえておくならば、わたしたちはさばかれることはないであろう。

しかし、さばかれるとすれば、それは、この世と共に罪に定められないために、主の懲らしめを受けることなのである。

 

■Ⅰコリント10:16~17

わたしたちが祝福する祝福の杯、それはキリストの血にあずかることではないか。

わたしたちがさくパン、それはキリストのからだにあずかることではないか。  

パンが一つであるから、わたしたちは多くいても、一つのからだなのである。

みんなの者が一つのパンを共にいただくからである。

 

■ヨハネ6:35~58

 
イエスは彼らに言われた、「わたしが命のパンである。わたしに来る者は決して飢えることがなく、わたしを信じる者は決してかわくことがない。


 しかし、あなたがたに言ったが、あなたがたはわたしを見たのに信じようとはしない。 

父がわたしに与えて下さる者は皆、わたしに来るであろう。


そして、わたしに来る者を決して拒みはしない。 わたしが天から下ってきたのは、自分のこころのままを行うためではなく、わたしをつかわされたかたのみこころを行うためである。


 わたしをつかわされたかたのみこころは、わたしに与えて下さった者を、わたしがひとりも失わずに、終りの日によみがえらせることである。 


わたしの父のみこころは、子を見て信じる者が、ことごとく永遠の命を得ることなのである。そして、わたしはその人々を終りの日によみがえらせるであろう」。

 
ユダヤ人らは、イエスが「わたしは天から下ってきたパンである」と言われたので、イエスについてつぶやき始めた。 

そして言った、「これはヨセフの子イエスではないか。わたしたちはその父母を知っているではないか。わたしは天から下ってきたと、どうして今いうのか」。


イエスは彼らに答えて言われた、「互につぶやいてはいけない。 わたしをつかわされた父が引きよせて下さらなければ、だれもわたしに来ることはできない。わたしは、その人々を終りの日によみがえらせるであろう。 

預言者の書に、『彼らはみな神に教えられるであろう』と書いてある。

父から聞いて学んだ者は、みなわたしに来るのである。 

神から出た者のほかに、だれかが父を見たのではない。

その者だけが父を見たのである。 よくよくあなたがたに言っておく。信じる者には永遠の命がある。 わたしは命のパンである。 あなたがたの先祖は荒野でマナを食べたが、死んでしまった。 しかし、天から下ってきたパンを食べる人は、決して死ぬことはない。わたしは天から下ってきた生きたパンである。それを食べる者は、いつまでも生きるであろう。わたしが与えるパンは、世の命のために与えるわたしの肉である」。

 

そこで、ユダヤ人らが互に論じて言った、「この人はどうして、自分の肉をわたしたちに与えて食べさせることができようか」。 


イエスは彼らに言われた、「よくよく言っておく。人の子の肉を食べず、また、その血を飲まなければ、あなたがたの内に命はない。

 わたしの肉を食べ、わたしの血を飲む者には、永遠の命があり、わたしはその人を終りの日によみがえらせるであろう。 

わたしの肉はまことの食物、わたしの血はまことの飲み物である。 

わたしの肉を食べ、わたしの血を飲む者はわたしにおり、わたしもまたその人におる。 

生ける父がわたしをつかわされ、また、わたしが父によって生きているように、わたしを食べる者もわたしによって生きるであろう。 

天から下ってきたパンは、先祖たちが食べたが死んでしまったようなものではない。このパンを食べる者は、いつまでも生きるであろう」。 


★口語訳新約聖書

★Japanese Christian Resources of Jesus Christ(日本語)

http://www.divinerevelations.info/japan/

※天国や地獄を見てきた人の証です。